ヴァントルテ ファンデ

ヴァントルテのファンデーションに救われた30代・敏感肌です

ヴァントルテに出会うまでは、ファンデジプシー歴20年を数えていた30代後半のOLです。

 

10代から20代の半ばくらいまでニキビがひどくて、肌荒れを隠す為に化粧を覚えたと言っても過言ではありません。

 

ただ、いま考えると遠目で見たらまだマシとして、至近距離で見たら顔じゅうのたくさんの大きなニキビや跡が凸凹としていて、気持ち悪かったです。あくまで自己満足の厚塗り、みたいな。

 

それが30を迎える頃になると途端にカサカサしだして、粉を吹くようになって酷い時は「私はアトピー?」と思えてくるほどの乾燥に悩むようになりました。

 

そんな肌状態なのに仕事は残業続き、プライベートでは毎晩のように飲みに行ったり家で晩酌したり。食事も外食かテイクアウト中心で、自炊は週に1〜2度すればいいほう。

 

肌にいいことなんて一個もない生活だった私が、ヴァントルテのファンデに出会って

 

朝、顔を洗う時「やべー」とは思うし、鏡を見るたびにため息をついていたけれど、本気で肌に向き合う気持ちは持っていなかった。

 

ニキビは化粧で隠せても、乾燥は隠せないこと知りました。塗っても塗っても、カサカサポロポロと落ちてきて、全然肌にのってくれません。

 

この頃には、粉のファンデーションは使えなくなりました。代わりにクリームファンデを厚塗りすると、シワやほうれい線のところでヨレて、塗ったばかりの朝〜昼ごろは良いけれど、夕方ごろになると、崩れて汚くなりました。

 

人と近づいて話すのが怖かった。当然のことながら恋愛にも臆病になっていました。彼氏なんて何年も全然いませんでした。

 

肌ツルツルの時代なんて私にはないのかな・・・と思っていましたが、やってきました黄金時代。もう40はすぐそこ、という時に。遅いって!

 

30代の半ばから会社を辞めて在宅で仕事をするようになって外食が減ったことや、家にいるときは基本ノーメークだったりしたのが大きかったかなと思っています。

 

ちなみに、ヴァントルテに至るまでの私のファンデ履歴は以下のとおり。

 

DHC(パウダーファンデ)

生まれて初めてメークした時に使ったDHCのパウダーファンデ。母親が取り寄せていたオリーブバージンオイルに、サンプルとしてついてきたものを試したんだと思います。特に不満もなく(他を使ったことがないから)、10年ほど使いました。

ちふれ(パウダーファンデ)

DHCよりも安かったことと、原料に気を使っているらしいと聞いたことでDHCから乗り換えました。肌が乾燥すると粉が浮くのが玉に瑕です。

桜花媛(BBクリーム)

ナチュラル志向ですね。上の2つに比べて値段が高くて(減りが早い)、一度は買いましたが続けるには至りませんでした。個人的な感想としては「可もなく不可もなく」という感じでした。

DHC(BBクリーム)

2000円強で買ったボトルタイプのBBクリーム。私の塗り方が下手なのか厚塗りになってしまって、カサつきも手伝って慣れるまであまり綺麗に仕上がりませんでしたが、覚えてしまえば簡単でした。でもやっぱり厚塗り感は否めないかな。

ナチュラルハウス(クリームファンデ)

オーガニック志向を取り入れました。ナチュラルハウスは実店舗も全国に構えていて、立派なオーガニックの老舗と言えるかも。そこで育ったリキットファンデ、なかなか優秀です。ただ、カバー力に欠けるんですよね。それに値段もちょっと高めです。

 

歳も歳だし、できるだけナチュラルなものを

 

そんなにファンデ浮気はしてないかもしれません。面倒臭くて、新しいのにトライする気もなかったので。女子力低過ぎますね。

 

このヴァントルテにしても、友人からこんな風に聞いたのがきっかけでした。

 

・パフパフとはたくだけで毛穴をカバーしてくれて
・薄づきで綺麗
・化粧直しがいらない
・石鹸で洗えば落ちる

 

って、ずぼらな私にぴったり。

 

ミネラルファンデーション【VINTORTE】


あと、界面活性剤やシリコン、パラベン、アルコール、各種油系成分、合成着色料、紫外線ん吸収剤、タルクを使っていないこと、そして無香料なこともトライする大きなきっかけになりました。

 

約2ヶ月分で3,000円あまり。お財布に優しいのも嬉しい。毎日使ったとしても60日としたら1日50円程度という計算になります。

 

もっとくわしく(クリック)

価格 容量 評価
3500円 35g ヴァントルテ,ファンデ,ファンデーション,下地不要,石鹸で洗える

 

ヴァントルテはつけたまま寝ても良いの?メーカーの回答

 

ヴァントルテについて、つけたまま眠れる!という情報があったので、メーカーにメールで問い合わせて「顔洗わないで寝ても大丈夫なんですか」と聞いてみました。

 

すると、こんな回答がかえってきました。
「この度は、当店の「美容液ミネラルリキッドファンデーション」にご関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。

 

「夜、落とさずに休んでも大丈夫なのでしょうか」とのご質問にご回答させていただきます。

 

当店では、就寝時のご使用はご案内しておりません。当店のファンデーションは全て、クレンジングが不要な商品でございます。クレンジングが必要な所謂「ケミカル化粧品」に比べますと、お肌への負担は少ないかと存じますが、日中の活動による皮脂汚れや大気中の物質などがお肌に付着しておりますので、一度、洗顔していただき、お肌を休めていただくのがよろしいかと思います。

 

当店では、一部商品におきまして「つけたまま眠れる」との表記がございますが、こちらは「洗顔料で落とせるほど、お肌に優しい」との意味合いを含ませており、就寝時のご利用を推奨するものではございません。あらかじめご理解・ご了承いただきますようお願い申し上げます。」

 

もっとも、昼間の皮脂汚れがついたまま寝るのは肌に負担になるのは理解できます。

 

でもヴァントルテは、温泉などでお風呂のあと食事の時間があったとき、すっぴんちょっと恥ずかしいかも・・・という場合の強い味方になってくれています。